DIARY

旧依田邸

伊豆急下田駅から車で婆娑羅(バサラ)峠を越え、道中、霧に霞む山並みに紅葉がほんのり色づいていますが、

気温はだいぶん暖かく感じられる伊豆です。

さて、松崎町に到着後、静岡県指定有形文化財 旧 依田(よだ) 邸 に立ち寄りました。

ここは、依田勉三の生家です。

民家としては伊豆地域で2番目に古い建物だそうで、なまこ壁の住宅としては最古だといいます。

なまこ壁とは、伊豆特有の建築様式で、火災などに強い建築です。

火災になった場合、冬に吹く強い西風による延焼を防いでくれるのです。

元禄期の約300年前に、13年かけて建築された母屋と、200年前に建てられた離れ、

そして、幕末から明治期にかけて建てられた蔵 3棟、合計5棟が静岡県の文化財に指定されています。

旧依田邸は、以前は「大沢温泉」という宿泊施設でした。

今は亡き私の父が大好きな場所でしたので、幼い頃、毎年夏休みには家族で大沢温泉に宿泊し、

目の前の川で家族と親戚と友人で遊んだ記憶が蘇ります。

その頃、旧依田邸の敷地内には立派な水車があり印象的でしたが、今は無くなっておりました…

老朽化でしょうか。

でも、入り口の立派な橘(たちばな)の家紋は未だに健在で、懐かしさがこみあげました。

武田信玄の家来だった依田家は、戦国時代の終わりに甲州からここ西伊豆の松崎へ移り住み、

400年間この地で地域を支えてきた豪農。

その家に生まれた依田勉三は、幕末の偉大な漢学者で教育家、土屋三余が開いた「三余塾」で兄の左二平と共に学び、

後に、慶應義塾で学び、福沢諭吉やホーレス・ケプロンの影響も受け、北海道開拓の志を育んでいきます。

旧依田邸の目の前に流れる那賀川一帯の風景は、約500年間変わらないそうで

これまた一層、貴重な景色に思えます。那賀川は途中の橋を境に稲生沢川と表示されています。

 

春になると、那賀川の河口から約6km、およそ1200本のソメイヨシノが咲き誇り、

それはそれは美しい光景が広がります。「田んぼをつかった花畑」もまた心が春めき素敵なのです。

通りすがりの 三餘塾(さんよじゅく)資料館 も、今度 ゆっくり立ち寄ってみたいです。

お寺の猫

 

つづく…
2022.11.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。