DIARY

自然栽培レジェンド 田神俊一さんの畑


自然栽培のレジェンド
茨城県の 田神俊一さんの畑に お邪魔しました。

先祖代々受け継ぐ 300年の歴史をもつ畑…

無肥料 無農薬 自然栽培の畑。

そこは まことに 美しい 聖域。

裸足で歩くと サクッサクと やわらかく あたたかい ふかふかの土に驚きました…
前日の大雨のどしゃぶりが嘘のよう…。普通は、雨の後は、ぬかるみができるはずなのに。

自然栽培の土は、土が必要なだけ水分を保ち、水はけ、水持ちが良い土になるそうです。

あぁ、野菜たちが喜ぶ土だなと感じました。
人間にとっても、こんなに心地がいいのですから。

肥料を与えなくても 大きく 立派に育っている野菜にも、みんな驚いていました。

慣行栽培で消毒が行われる畑から避難してきた虫達が田神さんの野菜の上で一休みはするものの田神さんの野菜は食べないのだそうです。
田神さんの野菜には虫食いが無い。
虫たちは人間が食してはいけないものを食べてくれている。
人間の食べるもののカテゴリーと、
虫たちが食べるもののカテゴリーが違うという事実。これまでの常識を覆されるような心に響いた衝撃の真実。

消毒だらけの畑は息が苦しくなるけれど
田上さんの畑は呼吸が気持ちよく、心身ともに元気になる。

田神さんがみんなに分けてくれたスイカにも
心より感謝。

畝と畝を移動するのにも足元の野菜を跨ぐなんて言語道断。
またぐなんてことがあるか!野菜も大切な命。

田神さんの愛情の深さに頭が下がります。

一朝一夕にできあがるものではない
この土への敬意、野菜への敬意をもって
自然栽培の野菜をいただけることは
何よりの幸福であることに気づきました。

ナチュラル・ハーモニー 河名秀郎代表、このような機会をありがとうございます。
「みんな裸足で歩いた!? ほんとに⁉」 と、一人でもこの土のすばらしさを五感で感じることができるように確認していた河名代表。

田神さんの野菜がどんなところで育っているのか知ることができ、心がふるえました。

自然栽培レジェンド 田神俊一さんの畑” への2件のフィードバック

  1. 亡くなった叔母さんの畑(30年前ぐらい)がそんな感じだった気がする。裸足で歩いた時に「ふわふわで柔らかいやろ。あったかいやろ!水をあげてみっか?よう水がしみよるけん、今年も美味しいスイカができるっちゃ!」と水はけがよく、水もちがいい畑作りを繰り返していたなぁって懐かしく思いました。従姉妹は畑を譲り、会社員になったから、もう感じることはないですが、三佳ちゃんの写真や文書を見て足元に感覚を思い出した気がします。昔は石に苔や藻がついて土になり、用水路にはおたまじゃくしやメダカがたくさん泳いでた!無農薬栽培で作ったお米や野菜を食べて生活するのは、幼い頃の思い出であり、今の憧れなのかもしれませんね!ありがとう。

  2. 美味しそうな野菜の数々。でもやっぱり、甘~いスイカが一番美味しそう。
    猛暑日が続いています。水分・塩分を補給して、お身体を大切にお過ごし下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です