DIARY

夏越の大祓

アスファルトにツツジの花弁…

今日は、6月最終日。

皆様、いかがおすごしでしょうか。

今年も、早、半年が過ぎました。

本当に いろいろ ありました。

これからもあるでしょうが、、、何年も過ぎたように感じます。

さて、今日は、氏神様と崇敬神社に、夏越の大祓のご参拝させていただきました。

茅の輪をくぐり、たまってしまっていたお守りも返納いたしました。

本日現在、元気に過ごさせていただいておりますこと、

ありがとうございます。

 

2020年後半、笑顔多く、元気に夏を乗り越えられますように・・・

お祈り申し上げます。

 

06.30.2020

夏越の大祓” への2件のフィードバック

  1. 花びらがハート形で可愛い!
    大祓に参拝する余裕のある精神が、このハートを撮る豊かな視点を生んでるのだと感じました。

  2. 私は、谷根千の根津にある根津神社が氏神様の社です。
    今年も三十日の夏越の大祓いは、頃の名の関係で祭礼がなくなりました。
    コロナ禍のため、毎年3000人参拝にいらっしゃる方々を気遣っての苦渋の決断だそうです。
    ですから、私個人で茅の輪を∞くぐりを行いお祓いをいたしました。
    神職の皆様は、お昼はアマテラス様がおられるので氏神様は出仕していますので夜間の時間に社内で祭礼を神職のみで行ったそうです。
    私は家の神棚に氏神様のお札が居られるので、簡単な祝詞を奏上して、これまでの感謝をいたしました。
    今年も半分過ぎましたが、いつ災難がやってくるとも限りません。
    私自身で健康留意して、災害時の備えを考え、毎日を健やかに、元気で、幸せに暮らせますよう心を新たにしました。
    悪性リンパ腫の寛解しましたのは、病院の先生のおかげと病院の隣にある氏神様のご加護であり、ご加護を忘れないよう、私自身も精進してゆきたいと思います。

森 武司 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。