DIARY

Cremona 2002


#Cremona #Italy #2002
#photographybyMikaSakamoto
#FushigiHakken

世界ふしぎ発見!ロケで、クレモナを訪れたとき、
バイオリン工房を自転車であとにする日本人女性の姿に惹かれ撮ってしまっていた一枚… 18年前。

バイオリン製作者 (日本人のパイオニア )石井高さん (マエストロ)が語って下さいました。

「作ったばかりの頃はあまりいいい音が鳴らない
だんだん だんだんと 弾いていくうちに
よくなっていく
250年前のストラディバリが作ったバイオリンが
今 最高によくなっているように」

バイオリン製作のおもしろさを語るには一言では言い尽くせない…そして、
ご自分の作ったバイオリンを300年後に聞いてみたい
とも仰っていました。

今夜の世界ふしぎ発見!の放送の中で
石井さんが最後にお作りになったバイオリンの音色を
横山令奈さんの演奏によってお聞きすることができるなんて・・
感動しました。ありがとうございます。

良くなる楽器というのは新しい時でも十分良い音が鳴るので
その楽器に合った音楽家と巡りあうことで
楽器というのは早く成長したりもする
と、横山さん仰っていましたね。

深くて暖かい音
素敵な音色が思い出と共に沁み渡りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。