山岸伸写真展【正遷宮迄の道】

投稿日: カテゴリー: DIARY
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
山岸 伸 氏

世界文化遺産 賀茂別雷神社(上賀茂神社)第四十二回式年遷宮
正遷宮迄の道】山岸伸写真展を拝見して参りました。
神様の気配、凜とした緊張感、二十一年に一度しかない貴重な瞬間、
山岸先生のお写真を通じて悠久の歴史の一端に触れさせていただきました。

オリンパスギャラリーにて、写真展(東京展) の開催は1月30日まで。
大阪展は2月5~18日まで。

マルカジリ

投稿日: カテゴリー: DIARY

色々な野菜や果物が他の産地よりも早く出回り、季節の訪れをいち早く実感できる鹿児島県。

昨夜、東京プリンスホテルで開催された鹿児島の夕べに引き続き、本日は、大田市場、埼玉イオンレイクにて、

みずみずしい新ばれいしょ(じゃがいも)、キンカン、デコポン、実えんどう、安納芋、お茶、などなど

鹿児島の美味しいお野菜、自然の恵み、生産者の方々、農家の方々のキバッド(鹿児島弁でがんばるぞ!)という心を多くの方々にお届けしたいと応援に向かいました。

夜明け前の巨大な東京の台所、大田市場の活気に、寒さも忘れ、こちらが逆に元気をいただきました。

これからも日本の食が元気でありますように。

IMG_3792

IMG_3794

IMG_3796

IMG_3857

本日、南国に雪!???鹿児島からお越しの皆様の帰途がご無事でありますようお祈りいたします!

シンネンカイ

投稿日: カテゴリー: DIARY

image

日本舞踊の新年会に参加させていただきました。

昨年生まれたばかりの赤ん坊と一緒に参加したKさん。
みんなから「女子会デビューだね」と可愛がられる娘ちゃんでした。。

今日は穏やかなお天気でしたが、何年か前の成人の日は大雪でしたね。

今年、御年九十歳を迎えられる先生を囲み、見目麗しいお食事も楽しませていただきました。

春の訪問も楽しみにして下さっている先生。
先生のお宅を訪問する春を、私たちも心待ちにしております。

皆様のもとにも良い春が訪れますように。

kimono
今回纏った桜の手刺繍の訪問着は母の着物。撮影: 母。

オイシイスープ

投稿日: カテゴリー: DIARY

sunrisesunset

バタバタバタッと過ぎていった一日。長いような短いような。

出かけるしたくをして「お見舞いに行ってくるね」と私が言うと
「どうして?」と幼い子。
次に、、、「病気には美味しいスープが一番なのよ。」と言う。
「へえ、どんなスープ?」
「わたし、体にいい美味しいトマトスープつくれるのよ」と、おままごとしながら私に言った。

いのちってさ、やっぱり、おひさまのひかりとか、植物のちからとか、大自然のちからをわけてもらって、
そういうチカラがきっとわたしたちにエネルギーをくれるのでしょうね。
心の栄養となるのは、だれかのいのりとか、笑顔とか、愛情とか、おもいやり、少しのユーモアかしら。
いまのわたしはそうおもう。たとえ、宇宙にひとりぽっちだとしてもひとりじゃないぞ、って。

元気になったらいっぱいいっぱいお日様のちからをもらって、
いっぱいいっぱい笑顔をみせてくださいね。

あ、夢をみるちからも栄養ですね。
さて、手帖に明日のスケジュールを整理して書き込みましょうか。

今日も一日ありがとう。

コレジャイカントナ

投稿日: カテゴリー: DIARY

tokyotower3

トットちゃんの総合司会は溌剌と煌めくオーラに改めて尊敬の気持ちで一杯になった。
2015→2016年のカウントダウンは、シルヴィ・ギエムのラストダンス「ボレロ」が素晴らしかった。
映画館から出ると自分も主人公になりきって劇場から退出することはよくあることだが、
観ただけであの人間離れしたギエムの肉体にはなれるわけもなく・・・なれたとしても簡単に得られるものにやりがいはあるだろうか。
ずぼらなわたしはついつい棚ぼたを望んでしまうけれど・・・。

バレエを基礎から教えていただこうと思ったのは、コマーシャル撮影が切っ掛けだった。
「これじゃいかん」と一念発起、踊りの振り付けをしてくださった先生に教えを請うた。
「でもね、習いに行きます!と言ったって、たいていの人は稽古に来ないのが現実だよ。」とメイクさん。
そうかもしれない。わたしもその一人だったかもしれない。
けれど、「これじゃいかん」と思ったのだ。
こう見えても日本舞踊は習っていたので、コマーシャルの踊りも「日舞っぽい」とは言われた。要するに手の動きが盆踊りのようになってしまっていたのか。フラダンスを習う日舞の名取の先輩も「盆踊りみたい」になっちゃうのよね、と仰っていた。海外ロケの間はレッスンも休みがちになり、間隔があいてしまい、申し訳なさそうにクラスに参加するわたし。

と、ある日、わたしよりもずっとずっと間隔が空いている人が現れた。
「たるんだ体を見せにきました~!えへへ」と、明るく元気よくその人は現れた。
「わたし、もう2年以上来てなかったんですよ、先生。びっくりでしょう?じぶんでも吃驚なんです。」
でも、ちっともたるんでなんかいないし、とても可愛いし、なんたってそのあっけらかんとした彼女の明るさに私は救われた。

「これじゃいかんと思うか、もう二度とやりたくないと放棄するか、どちらかなんですよね」と先生。

今日も一日ありがとう。

フゲンジッコウ

投稿日: カテゴリー: DIARY

 

tokyotower1

 

せっかく部屋を綺麗に掃き清め、なんとも晴れやかな気持ちで新年を迎えたのだから、今年はぜったいに部屋を汚さない。毎日コツコツ少しずつ。そうして心も軽くしたなら、身も軽くしてフットワークを良くする。それが当面の目標。モットーは「不言実行」。抱えてる夢や心のうちの熱いものを口に出してしまうとダメなタイプもいるのです。自分を知ることも今年のというか今後の課題。でも、やりたいことはアグレッシブに口にしていかなきゃね。新年早々のLong Slow Distance は耳がちぎれそうなほどの寒風がこたえた。手袋の中でグーをつくって手を温めて走っていたから、手袋の指先がピンと伸びたままでなんだか妙なことになっていた。昨年から通い始めたバレエレッスン。体を柔らかく、こころも柔らかく。

2016

投稿日: カテゴリー: DIARY
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Sunrise on January 1. 2016 東京快晴

新年明けましておめでとうございます。

この一年が皆様にとって、より健やかで朗かで明るい年でありますように。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

平成二十八年 元旦 坂本三佳

Happy Holidays!

投稿日: カテゴリー: DIARY

Merry Christmas and a Haapy New Year!

イブは親戚とクリスマス礼拝に行きました。

一年が過ぎるのは年々早く感じます。今年も一年お世話になりました。

来年も皆々様にとって素晴らしい年となりますように・・・

佳き新年をお迎え下さいませ。

→30!

投稿日: カテゴリー: DIARY

「世界ふしぎ発見!」大忘年会に参加しました。
来年は30周年を迎える長寿番組。
19歳の折よりミステリーハンターとして関わらせていただき早16年。

「老若男女に愛されるこのような長寿番組に関わるということは誇りに思っていいことですよ。
ただし、誇りを持つためには、日々の修練、日頃の努力が大切です。」と草野さん。
誇りを胸に、前進します。

目指すは更なる広い世界。これからもどうぞ宜しくお願い致します。

優しいおひさまの徹子さんを囲んで☀
優しいおひさまの徹子さんを囲んで☀
トムさんと、真さん。撮影は大宮エリーさん(ありがとうございました!) トムさんのアカペラの”この~木なんの木♪”とーっても素敵でした。
トムさんと、真さん。撮影は大宮エリーさん(ありがとうございました!)
トムさんのアカペラの ”この~木なんの木♪”とーっても素敵でした。

SANRIZUKA 1972

投稿日: カテゴリー: DIARY

sanrizuka1972

「三里塚1972」写真展を拝見して参りました。

人間が存在する限り、闘いはあるーーー

私も頻繁に使用している成田空港・・・
土地をめぐる闘争、私が生まれる前から、現在も続いていること、
考えさせらた。

加納先生が20代で撮られたお写真が40年の時を経て初めて公開されていることにも驚き、
今わたしがそれを目に出来たこと、写真の力を改めて感じたのです。

加納典明写真展「三里塚1972」 @Zen Foto Gallery   2016.1.9 まで。