トトラ!

こちらは、ペルー海岸部で漁に使われていたトトラ舟。
葦(アシ)でつくられている舟です。まるで藁納豆のように見えますね。
2009_0621_071725-p6211243
後ろにあいた窪みに獲ったお魚を入れます。そして、人はとんがったほうに乗ります。
このトトラ舟、なんと1000年以上前から製法も使い方もまったく変わっていないんです!
放送では残念ながらこのトトラ舟にはお目見えできないと思いますので(編集の都合上おそらくカットになっちゃうと思う・・・)
ので、荒波に乗り込んだ私の勇姿をこの場で見ていただきたいと思います。
さぁ、いざ海へ!
rimg0129
2009_0621_102120-p6211256
荒波にも耐えられる安定感はお見事。波に乗って舟が進む気持ちよさ。
ちなみに、オールは竹を真っ二つに割ったもの。これも古代からそのままだそうです。(手のひらが筋肉痛…(笑))
rimg0130
長時間海に出ていると体が大分冷えましたが、ほんとうにたのしかった。
そして、そのまま漁へ!
手釣りした魚(&網にかかった魚)は昔と変わらず。
(そのお魚は古代の土器にも描かれていたのですが…)
rimg0132

舟作りも、葦を束ねるところか始まり、完成まで丁寧に教えていただきましたが、
その製法が1000年以上もの間、脈々と受け継がれていることにほんとうに感動しました。
rimg0136
新しいことの発明も大切。でも、こうした先人の知恵を大切に残し活用している人々がいることも大切だと思うのです。それがとてもとても貴重なことだと感じてなりません。
トトラの作り方を一から教えて下さったおとうさん、漁に一緒に出て下さった息子さん、お魚を料理して下さったおかあさん。
ここで暮らしている人々の眼差しはとても力強くて優しかったなぁ。
また、ゆっくりと訪れたい場所です。

(in Peru / Trujillo ワンチャコ海岸(Huanchaco) )

Golden Cup! Golden Mask!

街の至る所に黄金のカップとか…
goldencup
(in Peru / バタングランデ)

街の至る所に仮面。 シカン神の象徴「アーモンドアイ」。
goldenmask
(in Peru / Chiclayo(チクラヨ))

バタングランデ

cook
トウモロコシなどをすりつぶす石。 おばあさまの代から50年使用。
stone
ぜんぜん力を入れていないのに、石はいとも簡単に固いとうもろこしを粉々にしていく。
rimg1214
と、突然厨房の下から現れた猫の親子!
cat2
ママのおなかからぬくぬくと気持ちよさそうに出てきた子猫。
cat
生まれてまだ間もない子猫に目をうばわれた。
どんな動物でも赤ん坊はほんとうにかわいい。

ワカ・プクヤーナ

LIMAにある
ワカプクヤーナ(Huaca Pucllana)という今からおよそ1200年前の遺跡。
huaca-pucllana01
日干し煉瓦で造られている。耐震性を考えた図書館方式 (間隔を少しあけて本をたてかけているようにレンガを積む方法)。
huaca-pucllana02
1000年以上も前に見事な地震対策!
huaca-pucllana03
昨年は、この遺跡から女性のミイラが発掘とか!
で、現在もまだまだ発掘作業中。
huaca-pucllana04
でも、ここ都会のど真ん中。
高層ビルに囲まれて遺跡の発掘作業をしている光景がおもしろい。

ワカ・ワヤマルカ

こちらはワカ・ワヤマルカ(huaca huallamarca)というプレ・インカ時代の遺跡。
神殿の土台部分がとてもきれいに残っています。
huaca huallamarca
さて、こちらのピラミッド以外にも
リマ市内には、250基ものピラミッドがあるそうです。
なんと、高圧線の土台になっているのもピラミッド ↓
pyramid
おどろきです。
pyramid

watchdog
こちらはピラミッドの番犬かしら?
近づいたら、ものすごく吠えられた。。。