船酔い?

feel sick?

この二人、船酔いですか?
いえいえ、お魚を見ているんです。
大きなメガホンのようなもので海の中を覗いています。
船酔いどころか十分元気。
私は船に乗るとどうも眠くなる性質で時々顔に寝跡をつけて揺られていました。

look

春のしらせ

寒緋桜

南の島では一足先に桜が咲いていました。
寒緋桜というさくらです。
東京で見る桜よりちょっぴり濃いピンク色。
緋は赤色の意味だそうです。
もともとは緋寒(ひかん)という名前だったようですが、彼岸桜(ひがんざくら)と間違えやすいとのことで、寒緋(かんひ)としたようです。
南国の木に囲まれた陰の中で、人に教えてもらわなければわからないくらいひっそりと咲いていて「なんて引っ込み思案な桜だろう」と愛らしくさえ思えましたが、でも近づいてみると暗闇の中でもとても鮮やかに明るく咲いていて、凛とした品格さえ感じられ、この木の下でお酒など飲みながら桜を愛でたいなぁなんて思いました。

地味な場所でもぱっと明るく私の心にあかりをともしてくれた桜。そんな花に私はとても魅かれます。

DOLPHIN FLASH

green flash

太陽が水平線に沈む瞬間にエメラルドグリーンの閃光を放つときがあるという。
それを「ドルフィンフラッシュ」と呼ぶのだそうだ。
そんな奇跡の瞬間を待って人々は地球に祈る。今日の一日を感謝する。
生きているとくるしいことのほうが多いかもしれないけれど、生きていれば神様は時々とてもとても素敵なPresent(現在)を下さるから。

小笠原諸島・父島/三日月山展望台

「ドルフィン・フラッシュ DOLPHIN FLASH
」ですが・・・
正しくは「「グリーン・フラッシュ Green Flash」」でした・・・。
何を聞き間違えたか、私はてっきりドルフィン・フラッシュだと思い込んでおりました。
(Savoryさん、ありがとうございます。)

ぼくらの居場所

a globe

ぼくらは今どこにいるんだろう・・・
地球儀ぐるぐる 居場所をさがす。

地球儀をまわしながらアフリカの伝統楽器「Djembe(ジャンベ)」のお話や、カリブの島 MARTINIQUE(マルティニーク)のお話を聞いていた。

「マルティニークに行くと自分の生まれた年のラム酒を見つけられるよ」。

親子丼を待つ間、地球儀ぐるぐる 各々の旅に出る。

Run Run Run!

run

青い空、白い砂浜、エメラルドグリーンの海。
おもわず駆け出してしまいたい衝動にかられ、おもいっきり跳ねてました。
さて、ここはどこでしょう?

もうすぐ、全貌があきらかに!

sandals1