おうちごはん

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: DIARY

4月もラスト。
毎食おうちごはんを撮りためてました…誰に見てもらうでもなく 笑;
なにがすごいって毎日メニューがかぶっていない (ブラボー!)
野菜は宅配の自然農法の野菜をふるに使い、家にいながらも自然の力をいただけるありがたさ。
鹿児島から春の旬野菜を送って下さった よかにせな方おにも…感謝です!
母は、栄養士でもなんでもないですが、私の人生の栄養士・・・(私も料理手伝ってます!)
この有事に、あたりまえのことを、あたりまえに出来ることの有り難さに感謝をこめて、
引き続き、5月もがんばります…  StaySafe

  

運動不足で太るから、がんばらなくていいよ、と言ってしまう私は、ばちあたり。

手織の彩り

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: DIARY

‘家族といられること、織ることを楽しめること、今ある幸せに感謝してるの…’
内戦を経て、そう語って下さった、クロアチアの おかあさんたちが織った敷物。
今なお、わたしの部屋を 彩り豊かに あたためてくれています。

いつかの Croatia, Ličko Petrovo Selo 村にて (2013)

 

04.28.2020

キツネ

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: DIARY
星の王子さまを待ちわびて / Patagonia, Argentina 2014

“ 砂漠が美しいのは、どこかに井戸をかくしているからだよ…”

私たちがそこにいて、何事もなかったかのように振る舞い、静かに去っていったパタゴニアのキツネ。
星の王子さまの世界に迷い込んだような…
あるいは、映画’Stand by Me’の中で 主人公ゴーディが 鹿に遭遇したときのような…
そんな 私たちとキツネの一期一会。

そして、無言でおしえてくれました・・・

“ 大切なことは目には見えない ”

どこまでも どこまでも 風が印象的な 忘れがたき いつかのパタゴニアの大地。

 

04.28.2020

PenguinDay

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: DIARY
一生夫婦 / Punta Tombo, Argentina. 2014

5日交替で、一方が餌をとり、一方が卵を暖める。
南極に離れても、ここプンタトンボで再会し、同じパートナーとして一生添い遂げる。

04.25
#世界ペンギンの日
#worldpenguinday
#いつかのアルゼンチン

 

04.25.2020