ありがとうございます

第1331回「世界ふしぎ発見!」をご覧いただき、ありがとうございました。
いかがでしたか?

徹子さんから「スクワット続けてね!」というお言葉を頂戴したので、
100歳になってもヒンズースクワットを習慣にしている私でいたいです。
おひさまの徹子さんのように世界を明るく照らしていけますように…☀

皆様、どうもありがとうございました。

坂本三佳

追加情報

優しいおひさまの徹子さん

「藤城さんがわたしの影絵をつくって下さったのよ」と、
黒柳徹子さんから教えていただき訪れたのは【藤城清治 卆寿記念90展】。

どうしたらこんなに細い線がつくれるのだろう。
どうしたらこんな水玉が出来るのだろう。
どうしたらこんな木漏れ日や木々の葉や水面がつくりだせるのだろうと目を見張るものばかり。
しかもお年を経るほど益々繊細かつ力強くなってらっしゃるのではと感じた107作品。
藤城先生が壮大な影絵に込められた祈りと想いに胸が熱くなる。

そして見つけた「優しいおひさまの徹子さん」。

空、海、太陽、鳥、魚、動物たち、木々、花々がおひさまの徹子さんに照らされ、徹子さんがこの星に愛でられているようにも見える。
自然や生き物がおひさまの徹子さんに照らされ、徹子さんもこの星に愛でられているよう…

宝石のような圧巻の影絵ワールドでした。

p.s.「木村屋のあんパン」の絵も齧りたくなるほど愛らしかった!

seijifujishiro02

seijifujishiro01

写真seijifujishiro04

seijifujishiro03

(一部抜粋)大雪の中、手もかじかんでしまったが、無我夢中で描きあげた。雪の降る中に陸に上がった巨大漁船など二度とみることはないだろう。万感胸に迫って描ききったけれど、美しさを越えた何ともいえない崇高な美しさがあるような気がした。ただの記録画ではない。この絵から、自然の、地球の美しさ、迫力、そして偉大さを感じながら生きるよろこびをうけとってもらえれば幸せだ。<気仙沼 陸にあがった共徳丸 2013> -藤城清治
(一部抜粋)大雪の中、手もかじかんでしまったが、無我夢中で描きあげた。雪の降る中に陸に上がった巨大漁船など二度とみることはないだろう。万感胸に迫って描ききったけれど、美しさを越えた何ともいえない崇高な美しさがあるような気がした。ただの記録画ではない。この絵から、自然の、地球の美しさ、迫力、そして偉大さを感じながら生きるよろこびをうけとってもらえれば幸せだ。<気仙沼 陸にあがった共徳丸 2013> -藤城清治

seijifujishiro06

seijifujishiro07

seijifushiro05

ある日の夕方、ピーターが裏の丘にのぼると、ずっと遠くの丘にキラキラ光る窓を見つけて、きっとお城だと思って丘をいくつも越えていくと、ふつうの家だった。振り返ると自分の家もキラキラ光っていた・・・。沈んでいく夕日をあびて輝いていたというこのお話は、光と影でしか表現できないだろう。「暮らしの手帖」65号に載せたデンマークのお話。<きん色の窓 1980> -藤城清治
ある日の夕方、ピーターが裏の丘にのぼると、ずっと遠くの丘にキラキラ光る窓を見つけて、きっとお城だと思って丘をいくつも越えていくと、ふつうの家だった。振り返ると自分の家もキラキラ光っていた…。沈んでいく夕日をあびて輝いていたというこのお話は、光と影でしか表現できないだろう。「暮らしの手帖」65号に載せたデンマークのお話。<きん色の窓 1980> -藤城清治

seijifujishiro08

seijifujishiro09

diary

長野県へ行っておりました。ハーブやラベンダーなど様々なお花が法則性なく咲く美しいお庭で作ってくださったすてきな花束。いい香り!
長野県へ行っておりました。ハーブやラベンダーなど様々なお花が法則性なく咲く諏訪中央病院の美しいお庭にて。素朴だけれど生命力のある素敵な花束をいただきました。いい香り!
大きな葉の上では小っちゃ小っちゃなカエルを発見!さいしょ置物かと思った。
お庭の大きな葉の上では小っちゃ小っちゃなカエルを発見!さいしょ置物かと思った。
帰宅後、いただいた陸鹿尾菜(おかひじき)を茹で、味噌、酢、塩、柚子胡椒で和えてみたらさっぱりとしていて美味しいこと!シャキシャキした食感もたまらない。ごちそうさまです。
帰宅後、いただいた陸鹿尾菜(おかひじき)を茹で、味噌、酢、塩、柚子胡椒で和えてみたらさっぱりとしていて美味しいこと!シャキシャキした食感もたまらない。ごちそうさまです。
長閑な場所でした
長閑な場所でした。ロケの詳細はまた後ほどお知らせ致します。
帰り道に少しだけ見えた富士山
帰り途 ちらっと見えた富士山
長崎へ送られる千羽鶴の箱に...平和への祈りを込めて
長崎へ送られる千羽鶴の箱に…私も一羽、祈りを込めて。

diary

a_dog
今日は七夕。織姫は彦星に逢いに・・・
(と、語りたいところですが、七夕をすっかり忘れていた)私は、長靴をはいて取材へ。
訪問先に到着するとチャイムを鳴らす前から扉の向こうでわんぱくな鳴き声がキャンキャンキャン! 一目散に出迎えてくれたのは西岡徳馬さんの愛犬パック。
さて、連載コラム“人と動物の絆(8月号)”  七夕に結ばれた絆? (なんて)
今回は俳優の西岡徳馬さんに人と動物の絆について伺いました。

http://www.kyoritsuseiyaku.co.jp/friendsintheworld/column/caravan_20140812.html

with_a_dog

スピーカー

わたしも試してみた。

悪くない。

speaker

…..いや、

低音がものたりないか。