DIARY

IMANOMA

家の作りやうは、夏をむねとすべし。
冬は、いかなる所にも住まる。
暑きころわろき住居は、堪へ難き事なり。
-徒然草

現代の3人のアーティスト
(画家:稲澤美穂子氏、
いけばな・帯アート作家:山本修子氏、
木工:湊 恭太氏1人の研究者)と、
1人の研究者(野村朋弘准教授)・・・
そして、清閑亭がつくる

淡遠 なる「間」

相模湾を望む数寄屋造りの
黒田長成別邸にて
過去と現在の間で

-用なきところを愛でる-
日本のすばらしい室礼、

海風と風鈴の音も心地よく…

「IMANOMA展」

堪能させていただきました。

05.26.2019

IMANOMA” への1件のフィードバック

  1. 作品も素晴らしいでしょう❣️
    写真からお家も素晴らしそうです。
    古民家暮らしもいいかなぁ(o^^o)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。