DIARY

帰社祭り

佃島 住吉神社例大祭  四日目。

巡幸を終えた御神輿のお宮入り。

御霊が無事にお戻りになられると、

周囲の灯りは全て消され、

真っ暗闇の中響く祝詞。

誰一人 音を立てず、カメラを構えず、頭を下げ、手を合わせる。

風が葉を揺らす音、虫の音、風鈴の音のみが通り過ぎる。

厳かで神聖な瞬間。

 

三年後、新しい元号の祭りまで、佃小橋の下の水中深く

江戸の昔の夢を見つつ眠りにつく、大のぼりの柱と抱木。

抱木を泥の中に埋めると、腐食しにくいのだそうです。古からの知恵、凄いですね!

平成最後の祭りの夏の夜。

08.06.2018
坂本三佳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。